top of page

タイハーブの世界

タイには2000種類ものハーブがあると言われております。

外用薬として使うもの

内服薬として使うもの


タイにあるアバイブーベ伝統病院では

そんなハーブをたくさん扱っていました。

その中でも、私のイチオシは

風を動かすハーブ


身体には 風 と呼ばれるエネルギーがあります。

土水風火の四限素でタイでは区別されていて

身体の中に滞りや炎症などトラブルが起きると、その4限素のバランスが崩れたと診断されます。


その中でも火が燃えすぎて風が滞る のが私の体質らしく。

風を動かして老廃物を外に出さなければなりません。

エネルギーを様々まで行き渡らせる。


滞りが起きている方はとても多いとおもいます。


そんな時に使うのが

風を動かすハーブが入っているサプリメントや

ハーブティー


色々な味は4限素を調整します。


そんなタイハーブティーの魅力の入り口をお伝えする

タイハーブ学


この講座のために。

私は2年前から畑を始めました😊



最新記事

すべて表示

内と外、上と下

ある思想の中で言われている言葉があります。 例えば子育てに一生懸命すぎると視野が狭くなる 子供はその圧に耐えられない そして自分の中で 子供が欲しいとか、子供の教育とか、頭の中が ようは自分の子孫、次の世代 のことばかりになっていると 追い詰められ、自分や家族が壊れる。 そんな意味合いの言葉です。 どうしても自分の理想っていうのがあって 自分の進んできた道の歴史や経験から こうであるべき こうした

toksen トークセンマッサージ

タイのトークセンは古くからタイの北部地方に伝えられるマッサージ方法です。 昔、日本もそうだったように 病を治す という職は シャーマンが主流でした。 薬草や、祈り、鉱物など今現代に伝わる東洋の医学も含め人々を癒すという特別な存在。 ブッダの主治医であるシワカゴマラパ先生のその理論や知識や経験は国を超えて伝わっていき タイ という国に根付いていきました。 トークセンは神を宿し、悪い精霊を払うという

Comments


bottom of page