top of page

肩が・・・・

温活木槌セラピー 結 せいのです。


最近、同じ症状の肩が・・・(もとい)方が増えております。


結構皆様同じような症状なのですよね。

簡単にざっくりいうと

四十肩の一歩前くらい。














痛いんですよね・・・腕を上げられない。

だから、セラピーも慎重になります。


ゆっくり、ゆっくり。呼吸を整えて。


身体の中の血液と、筋肉と、筋膜と、全部を意識して丁寧に。


木槌で打っていくのですが、

場所ではなく、その時の筋肉の状態で、どの木槌を使うか変えるようになりました。











温熱をしっかり入れて、滞った場所を緩めて、

揺らしと振動、ストレッチを加えながら


終わったころには、痛かった肩がだいぶ回るようになって。喜んでくれる顔が嬉しいですね。



今月は90分のコースの方が多いのですが

90分があっという間。


やっぱり、期間をあけないで来店下さる方の身体はすごく緩みやすくて変わっていくのが目に見えて


先日、本当にかちかちだった方の背中が

本当にいい方向に右肩上がりによくなって、姿勢も見た感じも、身体の状態もご自身でもよくなっていったのが、笑顔になっていくのが嬉しくて。


足のむくみで辛かった方が、木槌でなんでこんなに軽くなるのか不思議~と

足をパタパタしているのが

とっても嬉しくて。


勉強はまだまだやること沢山だけど

そうやって、何度も来て下さる方がいる限り

頑張らねば。


と、さむーい寒い風を受けて走る原付に乗りながら、帰り道思うのでした。





最新記事

すべて表示

内と外、上と下

ある思想の中で言われている言葉があります。 例えば子育てに一生懸命すぎると視野が狭くなる 子供はその圧に耐えられない そして自分の中で 子供が欲しいとか、子供の教育とか、頭の中が ようは自分の子孫、次の世代 のことばかりになっていると 追い詰められ、自分や家族が壊れる。 そんな意味合いの言葉です。 どうしても自分の理想っていうのがあって 自分の進んできた道の歴史や経験から こうであるべき こうした

toksen トークセンマッサージ

タイのトークセンは古くからタイの北部地方に伝えられるマッサージ方法です。 昔、日本もそうだったように 病を治す という職は シャーマンが主流でした。 薬草や、祈り、鉱物など今現代に伝わる東洋の医学も含め人々を癒すという特別な存在。 ブッダの主治医であるシワカゴマラパ先生のその理論や知識や経験は国を超えて伝わっていき タイ という国に根付いていきました。 トークセンは神を宿し、悪い精霊を払うという

Comments


bottom of page