top of page

身体の音階

巷でよく言われている音叉。


知っている方も多いと思います。


身体には身体の中に響く音というものがあって


チネイザンの理論にもそれが使われています。


よく部屋を浄化するための

音。


4096c


と書いてある音叉。


パワーストーンのお店で販売されてたりしますね。


音叉と調べるとたくさんの情報が出てきます。


低い音の場合は地に足をつける感覚


高い音の場合は頭の先から抜ける感覚


果たして

トークセンの音はどうなのか。


大体1000hzから2000hzの間でした。


ということは、


胸郭や仙骨、腰椎までに響く音。



だからお腹の奥に響く音で振動が心地よいんですね。


トークセンがサウンドセラピーと呼ばれる所以が

ここにもあると思います。



最新記事

すべて表示

toksen トークセンマッサージ

タイのトークセンは古くからタイの北部地方に伝えられるマッサージ方法です。 昔、日本もそうだったように 病を治す という職は シャーマンが主流でした。 薬草や、祈り、鉱物など今現代に伝わる東洋の医学も含め人々を癒すという特別な存在。 ブッダの主治医であるシワカゴマラパ先生のその理論や知識や経験は国を超えて伝わっていき タイ という国に根付いていきました。 トークセンは神を宿し、悪い精霊を払うという

Comentarios


bottom of page