top of page

6月1日より営業再開します

長く長く、セラピストをしてまいりましたが

こんなに長く長く施術をしていなかった時間は初めてです。


何をするのか、何を提供できるのか


この自粛期間色々なことを考えました。


どのようなことが私にできるだろう。


何をしたらいいだろう。


その中で、ほかのセラピストさんたちが窮地に立たされていることを知り

所属する協会にかかわっているセラピストさんたちに


ハーブ温活ボールをオンラインで行うことを提案してみたり


ユーファイ協会の無料配信の「ユーファイとはなんぞや」に出席してみたり


同じセラピストさんの ヨガ教室や、東洋医学、おっぱい講座などなど

本当に、リアルの会話や

ふれあいが、普段通り というものが本当にどれだけ尊かったと思ったことか・・


でも、自宅にいることでよかったこともあります。


ただ、断捨離というものは一切行わなかった(笑)今はきっとタイミングじゃないんだろうな(笑)


その代わり、子供たちとの時間がとっても増えました。

なにも会話しなくても

ただ、そこにいる。だけで


今まで、仕事でなかなかゆっくりした時間を取れなかったけれど

今回、家族 というものを強く感じた時間でした。


それから、料理。と、スムージー♪


昔から不得意ではなかったけれど

この時間がたくさんできたことによって、売っているものをすべて手作りで作るようになりました。


それは焼き肉のたれから、色々なたれ、皮から手作りのピザや、その他いろいろ

こんなに簡単なら、昔から作ればよかったと

新しい発見。


そこでも、色々なものをオーガニックにしたり、気を付けることを食べ物に注いで

沢山の気づきや

沢山のオンラインでのつながりも加わって


過ぎてしまえばあっという間の2か月だったような・・・


懐かしい、夏休みが終わってしまうような感覚。


沢山の方が犠牲になり、沢山の方が悔しい思いをしている中で

とっても不謹慎な感想かもしれませんが・・・


でもね、


地球だって、チェンマイの川がきれいになって魚が戻ってきた投稿や

インドの空気がきれいになった投稿や

本当に沢山の地球の変化のニュースを見ると

1年に1週間くらいは

今後、こういったみんなで自宅にいるという時間を作ってもいいんじゃないかなと思ってしまう。。


さて、6月1日からは通常営業とはいきません。が!


1日1名のみ

消毒や清掃をしっかりできる時間を取って

受付を開始したいと思います。


ラインでお友達登録すると、抽選会に参加可能です!

ポチってしてくださいね





さいたま市中央区下落合1652-2-106

与野駅より2分

結 せいのてるみ


最新記事

すべて表示

内と外、上と下

ある思想の中で言われている言葉があります。 例えば子育てに一生懸命すぎると視野が狭くなる 子供はその圧に耐えられない そして自分の中で 子供が欲しいとか、子供の教育とか、頭の中が ようは自分の子孫、次の世代 のことばかりになっていると 追い詰められ、自分や家族が壊れる。 そんな意味合いの言葉です。 どうしても自分の理想っていうのがあって 自分の進んできた道の歴史や経験から こうであるべき こうした

toksen トークセンマッサージ

タイのトークセンは古くからタイの北部地方に伝えられるマッサージ方法です。 昔、日本もそうだったように 病を治す という職は シャーマンが主流でした。 薬草や、祈り、鉱物など今現代に伝わる東洋の医学も含め人々を癒すという特別な存在。 ブッダの主治医であるシワカゴマラパ先生のその理論や知識や経験は国を超えて伝わっていき タイ という国に根付いていきました。 トークセンは神を宿し、悪い精霊を払うという

Comments


bottom of page